中古バイク探しのおすすめサイト

中古バイク探しの旅

昔はバイクにお金をかけて楽しむ人の気持ちは分からなかった。風は寒いし、維持費もかかるし。でも、最近は段々とその魅力が分かるようになってきた。そこでバイクを購入しようと決意した。しかしバイクと言ってもたくさんある。国内メーカーから海外メーカーまで。そして新車と中古バイクという選択肢もある。予算的な問題もあるが、自分の好きなデザインや性能で探していった結果、中古バイクで購入をすると決めた。中古バイクも当然種類は豊富。街乗りでよく見かけるようなスクーターから、ワイルドなアメリカンまで。大変なようで、このバイク探しがまた楽しいのである。

 

近所にある中古バイクショップを見学

意識していなかったときは気にならなかったが、探してみると近所に中古バイクを扱うバイクショップがあった。新車に関していうと、バイクの販売店は自動車と異なり、複数のメーカーを扱っているケースが多いようだ。色々とディーラー巡りをするという必要は無さそうで、ホンダ、ヤマハ、スズキといった主要メーカーであれば大半のバイクショップは取り扱っている模様。他のメーカーは、事前にバイクショップを調べておく必要がありそう。さて、今回の狙いは中古バイク。中古バイクを扱うバイクショップを何軒か回ってみると、色々と気付きがある。まずは門構え。この印象は大きい。いわゆる町工場のおっちゃんみたいな形でやっているところは、正直綺麗ではない(別に汚いという意味ではない)。大きな作業場という印象。最初は取っつきにくいが、話してみるとフレンドリーで色々と教えてくれる。一方、門構えがキレイなバイクショップはスタッフの人数が多く接客は丁寧。初心者に対しても色々と教えてくれるので、助かる。

 

どちらの中古バイクショップが合うかというと、相性の問題もあるが事前知識が関係する気がする。ある程度バイクの知識を持っている人は町工場的な中古バイクショップでも十分探せるはず。一方、バイクの知識がない人は門構えが綺麗なショップで中古バイクを探した方がいいだろう。色々とアドバイスしてもらいながら自分に合う中古バイクを見つけた方が不安が少ないはず。あともう1つ押さえておきたいポイントとしてはアフターサービス。バイクを手に入れるとカスタムしたくなる人は少なくない。私も例外ではない。ただ、自分で作業は出来ない。こうなった時に取り付けをしてくれるショップの方が助かる。あとはメンテナンス。これはカスタムよりもっと重要。不具合が出たから見てもらうというのではなく、やはり長く乗るためには定期的なメンテナンスが必要。こういったことをサポートしてくれる中古バイクを扱うショップが個人的には安心できると思う。

 

中古バイクのショップを探す方法

最初は近所にあるバイクショップを回って決めようと思っていた。その方が手軽だと思っていた。でも実際にまわってみると違った。当たり前かもしれないが、扱っている中古バイクの中にほしいバイクがあるとは限らない。そう、気に入る中古バイクが見つからなかったのだ。どうやって探そうか考えた結果、ネットで調べることにした。ネットは本当に便利だ。私は、中古バイクのバイクネットAJを一番多様した。中古バイクの情報量はもちろんのこと、検索がしやすかった。もし中古バイクを探すのであれば、一度アクセスしてみて損はないと思う。