バイクハンドルの種類と交換の注意点

中古バイクを購入する人は、最初からカスタム目当ての人もいるのではないだろうか。マフラーなどがカスタムの代表例であるが、運転のしやすさで大事な場所として、ハンドルを挙げる。理由はいたってシンプル。バイクのハンドルを自分の身長や腕の長さに合わせて交換すると、乗りやすく安全になる(はず)。新車であれば納品前にバイクショップに相談出来るかもしれないが、中古バイクの場合はそうはいかない。もちろん納品時に交換してくれるケースもあるが、中古バイクの場合は購入してから交換することを考えていた方がいいだろう。このハンドル交換。気を付ける点がある。よくポジションを考えて交換しないと、違法改造になったり、乗りにくくなったり、狙いと逆効果になってしまい、危険なことすらありえる。恐い。

というわけで、中古バイクを買ったあとに色々とバイクのハンドルを調べたので、ハンドルの種類と、交換するときの注意点を備忘録的にまとめてみた。

 

ハンドルの種類

中古バイクを買う際、ハンドルに注目する人はどれくらいいるのだろう。私は学者じゃないのでデータはないが、きっと少ないであろう。でも中古バイクを買う時に、ハンドルだって大事だ、と思う。前置きが長くなったが、まずはバイクのハンドルの種類。これは、つけ方と形によって呼び名が変わってくる。

 

(1)つけ方による分類

・セパレートハンドル(クリップオンハンドル)

左右フォーク上端にハンドルをつける方法で、かつてのスズキ・GSX1100S等のカタナシリーズ、ホンダ・CB750Fはこのハンドルだった。これらの中古バイクは今でも人気がある。欲しい。

 

・バーハンドル

これは市販バイクのほとんどに採用されているハンドルで、1本の鉄棒を曲げてハンドルとしたものだ。中古バイクで売られているバイクは大半はこれ。パイプ径が合えば交換は容易だが、ワイヤー、油圧ホース、電気ハーネスの長さに注意が必要。中古バイクで型式が古い場合は、特に事前調べが大事になる。

 

(2)形による分類

・アップハンドル

アメリカンに採用されている、左右が大きく上がったタイプ。

 

・一文字ハンドル(コンチネンタルハンドル)

ほぼまっすぐなハンドル。

 

ちなみに、この2つの中間にセミアップ等の呼び名はあるらしいが、境界はあいまい。説明しにくいので、ここでは省略する。

 

それぞれの効果や特性

クリップオンや一文字ハンドルは取り付け位置が低いために運転する際に前傾姿勢になる。体重移動がしやすいためサーキットを攻める走りにはいいであろうが、一般道を長く走るには、ちょっとしんどい。首、手首、腕が疲れると思われる。中古バイク購入の際、走りの格好良さで気にはなったが、疲れやすい点を考慮して個人的には見送った。一方アップハンドルは、上半身が起きて乗車姿勢が楽。中古バイクを買う際に試乗して感じた。そして今もそう思っている。エンジンが止まっているときの取り回しもしやすい。デメリットはセパハンと逆で、サーキットを攻めるような走りはしにくくなる。中古バイクを買う際、走っている姿の格好良さも大事と思うが、こういった運転の疲れを考慮するのも大事なんじゃないかと思っている。

 

中古バイク探しにおける注意点

(1)法律の範囲

バイクに限らず、乗り物はこれ。法律。まず知っておきたいのは、法律で認められているハンドルは、高さでノーマル比プラスマイナス4cm以内、幅はプラスマイナス2cm以内。中古バイクで店頭に販売されているということは、基本的にこの基準クリアしているはずだ。でも一応注意しておきたい。当然ながら、この範囲を超えると違法となってしまう。

 

(2)バイクの特性やタイプとのマッチングに注意

何にでも相性というか組み合わせはある。洋服でも、バイクでも、それは同じだ。アメリカンは、車種によってバーハンドルかアップとなりますが、ネイキッドやスーパースポーツにアップハンドルはあり得ないと思う。

 

(3)ステップ位置とのバランス

バイクは、ハンドル・シート・ステップの3点で乗る乗り物。だから3者の位置関係はとても大切。その意味では、セパハンにはバックステップ、アップハンドルには前よりのステップが合うらしい。身長や好みで意見は分かれるであろうが、このバランスが崩れると、とても乗りにくくなる。結果、疲れたり事故の元になる。

 

(4)ワイヤー等の長さ、カウルとの干渉に注意

さて、最後。アクセルワイヤ-、ブレーキやクラッチの油圧ホース、ハンドルスイッチの電気ハーネスの長さ。高さ4cmとなると突っ張ってしまい、ハンドルを切るとエンジンが吹けてしまうこともある。危ない。きっと大丈夫とは思うが、忘れてはいけない。カウルやタンクに当たることもあるし、ここは慎重に選びたい。

 

こうやって記事をまとめていると、新しいバイクが欲しくなる。新車は手に届きにくいと思っていたが、中古バイクの手軽さを知ると、もう1台と思ってしまうところが恐ろしい。もちろん気持ちにお財布が追いつかないわけだが、中古バイクをもう一台買いたいと思う。まずは、貯金だな。