中古バイク購入後のステップカスタム3種類

中古バイクに関わらず、ライダーがバイクに乗車するときに接触する箇所は、ハンドル・シート・ステップの3箇所だ。そりゃ当然か(笑い)。ハンドルをカスタムするのと同様、ステップをカスタム(変更)することで、乗り味もまた変わってくる。そして中古バイクのオリジナル感を出せる。買った後の話になるが、そのあたりについても触れてみることにする。

バイクのバックステップ

中古バイクで最も多いカスタムがバックステップで、文字通り、ノーマルよりもステップ位置を後方上に移動させるものだ。カスタム理由はいくつかある。

・バンク角を増やす
・体格や好みに合ったポジションに変える
・見た目の迫力

中古バイクを自分の好きなスタイルに変えたい人なら、やっておいていいと思う。ハンドルを低くしステップを後方にすると、より前傾姿勢となり、このほうが体重移動がしやすく、中古バイクでもサーキットや峠道を走るのに楽になる。また、オールメタルのバックステップは、より「らしく」見える側面もあり、中古バイクの見た目重視のカスタムであることも事実だろう。

 

バイクのステップボード

バックステップに対してステップボードは、アメリカンやツアラータイプのバイクで、足を前に投げ出すように置く部分だ。もともとアメリカンやツアラーはステップ位置が前寄りにあるが、中古バイクのステップを更に前に出すカスタムを言う。変更理由は、主に次の3つ。

・棒状のステップに比べ、足の位置の自由度が高い
・体重を面で受けるので、疲れにくい
・見た目、デザイン

バックステップ同様、このカスタムは中古バイクの見た目を自分好みにする意味合いが大きいんじゃないかと思っている。格好良く言えば性能になるが、やはり見た目は大事だ。中古バイクの場合、性能を配慮し(特にツーリングとか)カスタムする必要があるのは当然だが、やはり見た目じゃないだろうか。

 

バイクのオフロードステップ

オフ車専用に作られたステップで、金属のギザギザ歯で出来ている。これは中空構造でゴムがない。理由は簡単。悪路や湿地で足が滑るのを防ぐためだ。通常オフ車には納車時(中古バイクの場合は例外)からついているが、グリップ力を増すための幅広のものや、アルミ製の軽いものがある。

 

中古バイクカスタムの注意点

車種専用の設計になっている

デザインが気に入って装着できるか確認せずに購入するのは非常に危険だ。何故ならいずれのステップも車種専用設計だからだ。これを間違えてしまうのは、androidなのにiPhone用のスマホカバーを買ってしまい使い物にならないくらい悲しい。金額的にはカバーより高いからショックはもっと大きい。当然といえば当然だが、まずは自分の中古バイクに対応しているステップであることを前提に探そう。泣きたくないなら、そうするべきだ。また、ステップ位置が変わるため、付属のリンクも必要になる。

しっかり取り付ける

当たり前であるが、この当たり前が大事なのだ。どのステップもボルトで中古バイクの車体に取り付けるが、しっかりと規定トルクで締め付け、時々増し締めを確認しておかないと、走行中に外れてしまう恐れがある。中古バイクを買ったショップなどに持ち込むならば任せておけばいいが、自分で中古バイクに取り付ける場合は注意が必要だ。もし取り付けが甘ければ走れないし、もし走れたとしても途中で事故にもつながる危険性もある。バイクカスタムには、正しい知識と技術が必要なのだ。

 

姿勢の変化に注意

中古バイクのステップを交換した後、いきなりの遠出は控えた方がいいだろう。まずは少し慣れた方がいい。例えばバックステップに替えると、膝の曲がりがきつくなる。またバンクさせていったとき、接地するタイミングが遅れるので、タイヤグリップには注意が必要だ。これは中古バイクだからという問題ではなく、カスタムではよくあることだ。ちなみにステップボードは、あまり前方にすると、腰に負担をかける場合がある。中古バイクを買って、パーツ交換して、ツーリングに出かけて、と胸は膨らむわけだが、見た目のことだけで乗り心地は運転(姿勢)の変化を忘れると危ないのである。中古バイクのステップをカスタムする際、あまり極端に姿勢が変化すると、バイクの挙動や乗り味も変わってしまい、慣れるのが大変であったり運転が疲れる恐れがある。個人的な意見ではあるが、ノーマル比1~2センチの変更が無難ではないだろうか。多くの場合は取付穴が複数あり、そこから選べる。