中古バイク購入の基礎知識(注意すべき点)

中古バイク購入で注意すべき点とは?

バイクの免許を取得すると、自分の中古バイクの購入を検討している人も多いと思う。しかし、初心者にとって中古バイクを購入する際にはどのような点に注意すべきなのかがよく分からないという人も少なくないのではないだろうか。そこで今回は、特に中古バイクを購入する際に気をつけるべきポイントをいくつかまとめてみた。

 

必ず中古バイクの現車確認を!

中古バイクを購入する上で最も大事なのは、現車確認。これは断言できる。ネットオークション、フリマサイトなどの個人間売買はバイクショップで買うよりも安く流通しているケースも見かける。当然、安いのは魅力的だ。ただし写真や動画で確認しただけで判断する必要があり、バイクの知識が少ない人では判断が難しいケースが多い。仮に自身が詳しかったとしても売り手があまり中古バイクに詳しくなかった場合、質問しても的確な回答が得られないケースもありうる。実物を見なければ分からない細かな傷や凹み、エンジンのかかり具合など、細かな点を確認せずに購入を決断するのは、初心者にはハードルが高い。見ても分からないという人もいるかもしれないが、見れるなら見た方がいい。万が一欲しい中古バイクが遠方のショップにしか無かった場合、事前に問合せしてしっかり状態を見極めるべきだ。バイクショップはプロだから、色々と相談にも乗ってくれるはずだ。ただ、バイクショップの場合でも購入前に一度ショップを訪れる方が無難。

 

中古バイクの保証期間の確認

次に重要なのが保証の期間やその内容について。中古バイクは個体差が激しく、購入後すぐに不調が現れるケースもゼロではない。リスクと言えばリスクではあるが、中古で買うなら何でも言えることだと思う。そんなときに重要となってくるのが保証だ。一般的に中古バイクの保証期間は購入後数ヶ月間ということが多いが、バイクショップによって差がある。あまりにも価格が安かったり、保証の話を持ち出すとはぐらかされるようなショップは危険であるため購入の前によく検討してみた方がいいと考える。

 

値引き交渉のやり過ぎにご用心

そして最後の注意点が「過度な値引き交渉は行わない」ということ。バイクショップも当然商売でやっているわけでボランティアじゃない。となると一定水準の利益確保はもちろん必要。本体価格はこれ以上下げることができないというレベルの商品も多いため、整備の手抜きをするようなショップは基本的にはない前提ではあるものの、無理な値引きをしようとなると整備の部分を削ったり、交換の必要のあるパーツを現状のまま販売するしか手段がない場合もありえるらしい。本来の整備を行わないまま納車するということは、長い期間、中古バイクに乗り続けるうちにどこかに不具合が生じる可能性が高くなる。ここはなんとなく初心者の人でも想像できるのではないだろうか。結果として整備に通常以上の費用がかかってしまうことになりかねないので、正直に予算を相談してみることをおすすめする。場合によっては整備の中で優先順位の高いものから行い、資金に余裕ができたらその際に残りの整備を行うという対応ができるケースもある。何よりバイクショップとは納車後も長く付き合っていくことが多いので、購入後も良好な関係が築けるように無理な値引き交渉は控えた方がいい。人間関係構築していくなら、お互いにメリットがある環境づくり。

 

中古バイク探しのまとめ

まぁざっくりとこんな感じである。バイク初心者が中古バイクを購入する際には目先の安さにばかり釣られるのではなく、多少高くても安心して購入できるお店や買い方を優先した方がいい。安物買いの銭失いにならないよう、しっかりと見極めていこう。